僕がどのようにアンチに対応するか

井口 晃

僕がどのようにアンチに対応するか


井口です、
京都に来ています、
年明けの京都は
いい雰囲気でリラックスできる。

経営者仲間と勉強したり、
初詣を京都のお気に入りの神社で
初詣してこようと思う。

さて、今日は
“どうやってアンチに対応するか”
というテーマで話していこう。

あなたが自分の才能を使って
他の人を助けようとした時、
必ずあなたを疑う人、
お金儲けだけでやってるんでしょと批判する人、
目立ちたいからやってるんでしょと誤解する人、
もしくはウソつきなんじゃないかと
食ってかかる人が出てくる。

じゃあどうすればいいか?
その活動を辞めればいいのか?

もしくは自分自身がやっている事を信じ抜くのか?

世の中の全ての人がアナタを理解する必要はない、
もしくはアナタがやっている素晴らしい事をわからなくてもいいし、
アナタの事を好きになってもらう必要さえない。

アンチの人は嫌悪という感情に常に生きていて、
嫌悪に似ている感情は無視なんだ。

どういう意味かっていうと、
あなたのアンチの人は単純にあなたが
どういう人かどういう事をしているかを
無視してしまっているだけ。

僕は彼らの批判や非難を個人的には
受け取らないようにしている。

その代わりに僕はもっと楽しい事をするように意識している。

僕は自分自身や仲間や僕の会員さんが
どれだけ多くの人の人生を変え、
どれだけ長く世の中に価値ある情報や知識を届けて貢献し続けているかを見て、
心からそれに感謝し、
そこに喜びを感じる事にしている。

僕はアンチの人に自分のビジネスを理解してもらう必要はないし、
どれだけ多く無料で本やビデオやコンテンツを与えているか、
またどれだけ僕の会員さんや
読者さんのために頑張っているかをわかってもらおうとは思わない。

あなたもアンチの人にあなたを理解してもらうつもりはないんだ。

ただ、あなたがやっている素晴らしい仕事を
続けていくんだ。ひたすらそれを続けていく。

あなたに合った人がアナタのポジティブな
メッセージに引き寄せられてくるから。

後は、いつの日か彼らにも
役に立つ日がやってくると望んでいればいいんだ。

"だから、あなたは、今の、素晴らしい、仕事を、継続する事。それだけでいい。"

あなたが光になって暗闇を照らしていくと
大変な事が起きる時もあるだろう、
でも常に最後に勝つのは光なんだ。

愛を込めて、
井口 晃

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ