ワン・チャンスを掴め!

井口 晃

ワン・チャンスを掴め!

ワン・チャンスを掴め!

飛行機の中で
「ワン・チャンス」という映画を見ていた。

実はこれはポール・ポッツという 携帯電話のショップ店員が
Britain’s Got Talent という TV 番組で優勝するまでの 実話を基にした映画。

彼は小さい頃からずっと 大好きなオペラを練習し続けていた。

ただ、彼は成長する中で、
数々の困難に直面してきた。
・ずっといじめられ続ける
・喉の手術をして、しばらく歌えなくなる
・向いている仕事が見つからない
・父親との確執が続く
・お金がなく、生活に苦しむ
ただ、彼は最後まで諦めずに、 最後に与えられた TV 番組のオーディションで 見事グランプリを勝ち取る。

ここでアナタにも覚えておいて欲しいのが、
どんなに苦労してもいい、 「チャンスが来たら飛び込め」ってこと。

もちろん、今まで 失敗してきたり、 拒絶されたり、 うまくいかないことがあって、
恐れてしまう気持ちがあることは 僕もそうだったからよくわかる。

ただ、 チャンスが目の前に現れた時は、 恥ずかしくても、
うまくいくかわからなくても、 それを掴みにいくこと。

この感動の映像を見てみて欲しい

天才の条件とは?

僕が多くの才能ある人に出会って感じるのは、 「みんな他の人の何倍も努力してる」
ってこと。

考えてみて欲しい、 天才は生まれ持った才能ではなく、 どれだけ時間をかけて努力できるかで決まる。

人生や仕事なんて、 思い通りにいかない時もある、 人に馬鹿にされる時もある、 悔しい時もある。
でも、そんな時こそ、 コツコツと練習を続けるんだ。

人前で華やかに成功している人は、 人が見ていないところで密かに 努力を重ねている。

もちろんそれは
簡単なことじゃない。

でも周りの人がみんな諦めている時や あなたを批判したりしても、 アナタだけには諦めず続けて欲しい。

今までの自分をブッ壊せ!

古い自分の考えや環境を 一度捨てちまえば、 人間は新しい自分になっていくしかない。
もし今の自分を少しでも 変えたいと思えば、 今までの自分の常識を疑ってみて欲しい。

僕らが変わっていくには、
1.新しい何かが外から入ってくるか
2.新しい何かが中から出てくるか
この2つしかない。

例えば、
・自分にはできないという古い考えを捨てる?
・どうせ自分にはムリって思うのをやめる?
・普段ならやらないことをやってみる?
この世界は自分を信じて、 無限の可能性に飛び込んだ人に チャンスが与えられるようになっている。

歳を取りすぎているとかはない、 経験がないからダメとかはない、 才能がないとかはない。

まずはアナタがチャンスをつかむ、 その準備をすることから始めてみて欲しい。

じゃあどうすればチャンスを掴める?

具体的にじゃあどうしたらいいのか?

1.チャンスを掴んでる人に会いに行く

これが一番大事。
自分が将来なりたい姿を達成している人、 やりたいことをやっている人、
憧れている人、 こういう人に思い切って会いに行く。

何かの集まりに行ってみる、 その場に足を運ぶことから全ては始まる。


2.少しづつ準備を始める

一人で悩んでいても、何も始まらない。

起業してみたければ、 起業に関する本を読む、
起業スクールに行ってみる、 起業している人に会いに行く。

どんな小さなことでもいい、 ベイビーステップの行動を取ってみて欲しい。


3.恐怖を受け入れろ

恐怖があったらさ、それと踊ってみればいい。
どういう事かって言うと、 例えば、人に声をかけて拒絶されるのが恐ければ、
一度最悪の場面を思い浮かべ、 それが起こっても自分は死なないってことを確認した方が良い。

その拒絶の恐怖を受け入れたら、 まあ死なないからいいやって思って、 自分が話しかけたい人に話せば良い。

自分がやりたいと決めたことがあれば、 一度きりの人生なんだから、 思い切って挑戦してみること。

簡単に自分との約束を破らない方がいい、 あなたは本当はもっとできる奴なんだから。


井口 晃

にほんブログ村 経営ブログへ


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ